gameros’s blog

特撮やアニメの感想など書きます。

「仮面ライダー鎧武」について

f:id:gameros:20180308185753j:image

 

 

 

パティシエが出て、踊ったり歌ったりするニチアサ…そう、「キラキラ☆プリキュアアラモード」は、みんなの大好きなものを守り抜いた素晴らしい作品であった。

 

f:id:gameros:20180308113940j:image

※肉弾戦禁止(キラキラルで殴らないとは言ってない)

 

冗談はさておき、「魔法少女まどかマギカ」という作品をご存知だろうか。今でこそドロドロ魔法少女物として有名だが、放送前のキービジュアルやアニメ雑誌の紹介では「ドキドキ魔法タイム♡」とポップな作風を印象付けていた。そんな粋な演出で世間を驚かせた作品の脚本家、虚淵玄さんが描く仮面ライダー、それが「仮面ライダー鎧武」である。

 

f:id:gameros:20180308185915j:image

※何が「君はどのフルーツが好き?」じゃ!(褒めてる)

 

仮面ライダー鎧武」を他人にお勧めする際、私はよく「ダンスとフルーツがたくさん出てくるドキドキハチャメチャストーリーだよ!第1話の敵を倒すところなんか爽快だからよく観てね!」と紹介する。ギリギリ嘘は吐いていない。

 

西暦2013年。巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの企業城下町・沢芽市。

企業の介入によって急速な発展を遂げたことで人々が豊かな暮らしを送る一方、閉塞感を覚えた若者たちはストリートダンス、ひいてはダンスをするためのフリーパフォーマンスステージを取り合う、特殊な錠前ロックシードを用いた対戦競技インベスゲームに没頭していた。そうしたショーのための陣取りに参加する若者たちビートライダーズが熾烈なランキング争いに身を投じる一方、ビートライダーズの一人だった青年葛葉紘汰は大人への『変身』を願い、ダンスをやめてアルバイトに励んでいた。(引用:Wikipedia)

 

仮面ライダー鎧武」という作品は、「誰かのために変われるか」と「誰かのために変わらないでいられるか」の、相反する2つのテーマがある。よく言えば「それぞれの正義」、悪く言えば「それぞれのエゴ」だ。敵だった者が味方になったり、味方だった者が敵になったりする展開もあり、全体的にとても人間臭いドラマに仕上がっている。

同じ仮面ライダー作品なら「仮面ライダー龍騎」なんかが似た作りで、それもそのはず、先ほども触れた脚本の虚淵さんは、「仮面ライダー龍騎」の脚本を手掛けた小林靖子さんの影響を受けていると公言しているのだ。そのため、「仮面ライダー鎧武」のキャラクターも個性的なメンツが揃っている。

例えば、貴虎とミッチの呉島兄弟。彼ら2人は、一連の出来事を裏からの視点で描く役目を担っている。貴虎は物語の前半、ミッチは物語の後半でそれぞれキーマンとなり、最後は激しくぶつかり合った。一見すると正反対な兄弟に見えるが、それぞれの覚悟を胸に行動する様は似た者兄弟と言えよう。

 

f:id:gameros:20180309184407j:image

※フォーゼの力の副作用「宇宙キター!」を途中で止めるとは、さすが呉島主任だ!

 

呉島兄弟が「誰かのために変われるか」を描いていたのに対して、「誰かのために変わらないでいられるか」を描いていたのが、みんな大好き駆紋戒斗。そう、ラスボスである。

戒斗というキャラクターは、今時珍しいほどに信念の塊であり、言うならば決意の擬人化だ。ただ強さを追い求めるだけでなく、「弱者が虐げられない世界」を目指すその真っ直ぐさは、どこか常人離れしていた。だからこそ魅力的で、未だにファンが多いのであろう。

 

f:id:gameros:20180309185512j:image

※この魔王みたいなデザインでインファイターなのは卑怯。好き。

 

こうしてキャラクターを紹介していくとキリが無いが、そんな中で最も異質な存在なのは、主人公である葛葉絋汰だ。

仮面ライダー龍騎」と同じく小林靖子さんが手掛けた「仮面ライダーオーズ」に、「映司君を都合の良い神様にしちゃいけない」というセリフがある。人々の願いを叶えるために身をすり減らす映司を危惧して出た言葉だが、この「神様」になってしまったのが絋汰である。最初は自分のために戦い、次にみんなのために戦い、その次に自分とみんなのために戦った絋汰は、最後には遂に世界のために戦ってしまった。それは誰よりも優しい行いだが、人間離れしている。

仮面ライダー鎧武」は、そんな人間離れしてしまった2人の決闘で一度幕を下ろした。

 

f:id:gameros:20180314193504j:image

※乱舞Escalationや多彩なフォームチェンジ、決着まで全てが最高。全てが。最高。

 

そして、後日談となる「MOVIE大戦フルスロットル」の鎧武パート「進撃のラストステージ」では、復興に勤しむ呉島兄弟やオーバーロード葛葉絋汰の活躍、敵のコピーでもブレない戒斗など、鎧武らしい完結編を見せてくれた。特にミッチの贖罪、貴虎の諦めない真っ直ぐな意志には感動したものだ。

 

f:id:gameros:20180314194735j:image

※もうこの3人が並んでるだけで幸せ

 

「変わること」も「変わらないこと」も人間の可能性だ。足並みを揃えることは簡単ではないが、決して不可能ではない。「君のままで変われば良い」、仮面ライダーがずっと私たちに伝えてきたメッセージを、この作品に感じた。

それこそが「変身」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gameros:20180314195450p:image

※キュアパルフェさん推しです