「海賊戦隊ゴーカイジャー」について

f:id:gameros:20160831164635j:image

 

 

 

子供の頃は私の中で「海賊」と言えば週刊少年ジャンプで連載している某漫画だったのだが(嫌いではないが好きでもない)、今また「海賊と言えば何か」と聞かれれば、「海賊戦隊ゴーカイジャー」と即答することだろう。

 

f:id:gameros:20160831165104j:image

※こいつらほんと好き

 

スーパー戦隊35作品目の今作は、それまでの34作品のヒーロー達が全て同一の世界で活躍してきたよう描かれており、そこへレンジャーキーという不思議アイテムを持つ宇宙海賊5人が現れる。言わずもがなその宇宙海賊たちが35番目のスーパー戦隊海賊戦隊ゴーカイジャーなのだが、ここで最初に注目すべきはその5人が全員地球の生まれでないことである。

5人とも悪の軍団ザンギャックに因縁があることは共通しているが、それ以外は生まれた星も文化も価値観も違う集まりであり、地球に訪れたのは宇宙最大のお宝を求めて。しかし、第1話でそこら辺の一般人にお宝の在り方を聞いても知る人はいなかった。という事は、実はゴーカイジャーにとって地球人を守る理由は全く無いのだ。

それでもゴーカイジャーが地球を守ったのは何故か、どうして海賊が35番目のスーパー戦隊になったのか、「海賊戦隊ゴーカイジャー」とはお祭り作品でもあるが、一年を通してゴーカイジャースーパー戦隊になるお話でもある。

 

f:id:gameros:20160831170604j:image

※「スーパー戦隊」を背負う戦隊

 

もちろんお祭り作品としても優秀であり、過去のヒーローが出演するレジェンド回にもハズレが無い。ゴーカイジャーの放送前は「ディケイドの二番煎じ」「過去のヒーローがあれだけいて消化できるわけがない」という話もチラホラあったし、正直その不安が無かったわけでもなかったが、蓋を開けてみると文句の付け所の無い過去ヒーローへのリスペクトの嵐。ゴーカイジャー達は先輩ヒーロー達より大いなる力を貰うために接触するが、大いなる力だけでなく、ヒーローとして、人として様々な大切なことを教わっていく。過去戦隊ファンへのサービスであり、ゴーカイジャー達の成長も描く、二足のわらじを履いてフルマラソン完走するような偉業を毎回成し遂げていた。少し褒めすぎのように思うかもしれないが、未視聴の方はぜひ観てほしい。ディケイドでできなかったことがここにある。(ディケイドが駄目という話ではない)

過去ヒーローの邪魔はしないが、自分たちが空気にもならない。欲張りな海賊らしい奴らである。

 

そんなゴーカイジャーは良いキャラが揃っているのだが、設定だけでなくキャラそれぞれの役割をしっかり分けたことも、ゴーカイジャーが愛された理由の一つだろう。

マーベラスジョーとルカは戦闘に長けているが、一般常識が少し不足している。ハカセとアイムは比較的常識的だが、戦闘が得意ではない。そして途中から参戦し、ゴーカイジャーを外側から見ることができ全体をフォローすることができた地球人の鎧。この3つ(またはマベジョールカ、ハカセアイム鎧の2つ)のグループを作ることで、物語を飛躍的に面白くさせていた。上から目線な言い方になってしまうが、作品はまずキャラクターから好きになる私としては百点満点である。中でもゴーカイグリーンことハカセであるドン・ドッゴイヤーはそれまでのスーパー戦隊ではあまり見なかった珍しいキャラで、戦い方も面白い愛されキャラだ。良い。

 

そんな彼らが現行のスーパー戦隊である「動物戦隊ジュウオウジャー」にもゲスト出演するというのだから、観ないという選択肢は無いだろう。

5年経った今でも根強い人気があるのは、派手だったから…だけでなく、その作風が良い意味で豪快だったからでもあろう。「海賊戦隊ゴーカイジャー」、オススメ作品だ。

 

 

 

 

 

 f:id:gameros:20160831173508j:image

※声優が2人もいるで!