読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コードギアス」について

アニメ
f:id:gameros:20160425214527j:image





中二病」という言葉も段々と死語になりつつあるが、私も例外無くしっかり発症していた。サングラスに憧れていたし、自分には何かが封印されていると思っていたし、授業中にテロリストが乗り込んできたらどうするかを延々考えていた。そんな私の中学生時代にドンピシャで突き刺さった作品が、「コードギアス 反逆のルルーシュ」である。

f:id:gameros:20160425214753j:image
※誰しもが一度はギアスを欲しがったはず

小学生まではスーパー戦隊仮面ライダーなどばかり観ていた私も、中学に上がったと同時期に「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」や「ひぐらしの鳴く頃に」や「ゼロの使い魔」や「灼眼のシャナ」などの所謂萌えアニメにどっぷり浸かっていった。(この時点で多少偏りが見られる)
そんな中、オタク仲間の友人に「騙されたと思って1話だけでも観てほしい」と渡されたのが、何度も言うが「コードギアス 反逆のルルーシュ」だ。恥ずかしながら、よく知りもしないで「いやぁ、ロボットアニメはちょっと…」と遠慮しようとしたが、あまりにも友人がしつこかったので借りて観ることにした。
皆さまお気づきの通り、そしてその友人の思惑通り、一瞬で私の中二心に火をつけられ引き込まれてしまった。

f:id:gameros:20160425215616j:image
ルルーシュの悪い顔が好き(ホモではない)

確かにナイトメアフレームというロボは出てくるが、物語の鍵になるのはあくまで「ギアス」と「願い」である。(名作なので説明は省く!)
1話1話の演出がドストライクで、どの登場人物もしっかりキャラが立っていたのが印象的だった。

ただ、未だにどうしても言われているのが「無印は良かったが、R2になってからは嫌い」という意見だ。
スザクの言動が極端になってしまったこと、ナイトメアフレームの空中戦が増えたこと、扇へのヘイトの集まり、他にも様々な不満点はあるのだろうが、正直私はそれでもR2が好きだ。何故なら、私が「コードギアス」という作品にずっと抱いていた「次の話が気になり来週が待ち遠しい」という感覚を、R2でもしっかりと感じることができたからだ。コードギアスは本当にそこが優れていた。
これは前々から言っていることだが、私は少しの矛盾点や不自然、ご都合主義も演出がしっかりしていれば許してしまう方だ。それは特撮作品や他のアニメに対してもそうで、割と様々なアニメを楽しく観れていると思う。

ところで、私はナイトメアフレームの中でも蜃気楼がとても好きだ。

f:id:gameros:20160425221449j:image
※黒ベースに金のラインは反則なんです

もちろん外見も好きだが、絶対守護領域という主人公機にしては珍しい守りに主軸を置いた機体という特別さも好きだ。中でルルーシュが手をクロスさせて格好つけてから計算しているのかと思うと震える。格好良い。
並べてみると、ランスロットと対になっているように見えなくもない。

f:id:gameros:20160425222105j:image
ランスロットアルビオンはデザインがずるい

 
そんなわけで見事にハマって本編は全て観たわけだが、亡国のアキトは第2章くらいまでしか観れてない。最終章の円盤も出ているだろうし、そろそろ一気に観ておこう。
「1番好きなアニメは何か」と聞かれた時に、私は未だに「コードギアス」と答えている。今後もなかなか塗り変わってはくれないであろう。









f:id:gameros:20160425223000j:image
※とても良いゲームだったが、ロロがトラウマになる